FC2ブログ

                 


プロボディボーダー池田雄一の宮崎ボディボードライディングチェック。

2014年9月7日(日)
レベル : ボディボード上級者ライディングチェック1名
開催場所 : 木崎浜「トイレ前P」右側
天気 : 曇り
サイズ : 腹~胸
講師 : U-1
今回参加してくれた 全日本5位のMくんです。
14090720.jpg
コンディションは、パッと見たら、北風が入ってウネリがバラけて見えますが、
中に入ると、ウネリとウネリが重なって、綺麗にショルダーの張る波もありました。
14090721.jpg

ファーストターンからのリバーススピン。
14090722.jpg
「スプレーを飛ばしながらの、リバーススピンをしたい」って言っていて、少し練習中。

エンドのエルロロ。
14090723.jpg
少し走りすぎて、向こう側でブレイクしているスープに当ててしまっています。
(エルロロ初心者には、一番成功する確立が高い所なので、決して間違いではありません。)
この時にもアドバイスしたのですが、
実は、ドンピシャな所(一番高さが出る所)は、2m手前で、波と波とがぶつかる所です。
もう少し目線を上げて、上を意識して予想すると、見えてきます。
「予想する」と、わざわざ難しく書いたのは、実は意味がありまして・・・
ボディボードはサーフィンと違い、真上のブレイクが見えません。
見えているのは、大体1メートル先の上のリップです。
なので、1メートル先の波が、こんな感じでブレイクするなら、その1メートル手前の自分の頭の上のリップは、どう崩れているのだろうか?と、予想する事が大切なのです。
なので、上の写真は、遠くを観ずに、少し上を意識して走れば、より良くなったと思います。

これもファーストターンからのリバーススピン。
14090724.jpg
これは、スプレーが飛んでますね~ この技の練習を始めたばかりなのに、上出来です。
この、スプレーを飛ばすリバーススピンは、カットバックとリバーススピンの複合技です。
進行方向に走ってショルダー側に寄せた体重を、岸側(反対側)のレールのテール寄りに全体重をスライドさせて、カットバックの要領で、スプレーを飛ばします。
そして、そのままの勢いで、スピンをする為に、もう一度ボードの中心に体全体を乗り込ませる事で、360度回転させます。
細かく書くと、意外と地味な事をやっているのですが・・・かなり難しい技です。

この上級者のM君のライディングチャックをして、この文章を考えながら書こうとした事で、僕もかなり勉強になり、プラスになりました。
ありがとう御座います。またやりましょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwaveschool.blog56.fc2.com/tb.php/802-f354b2ab