FC2ブログ

                 


プロボディボーダー池田雄一の宮崎県BBスクール日記。

2012年6月13日(水)
ボディボードスクール3名
開催場所 : 青島P「元海水浴場内」
天気 : 曇り
サイズ : 腰前後。
講師 : U-1

今回参加してくれたのは、
県内からKさん(左側)、Mさん(中央)、熊本からMさん(右側)です。↓
12061301.jpg

その時のコンディションはこんな感じでした。
12061302.jpg
台風か何かの影響で、波数もカレントも有り、見た目よりもハードなコンディションでした。
5本に1本、良い波が入ってきていたので、その波を頑張って乗ったって感じです。

Kさん は、今年が二年目です(適当に二年です(笑))
中央の Mさんは今回が波乗り初挑戦。
右側の MさんはショートとBBを何年かやっていて、その後引退、最近BBで復活。

でも今回のダブルMさん、ほとんど同じレベルでした(笑)

僕「どうしたんですか? 経験者のMさん、波乗りしていたんでしょう?」
Mさん「・・・・」

乗れないにはちゃんと理由が有ったんですね~。理由と言うか原因が有ったんですね~。

その原因、実は毎回テイクオフする前に全く波を見ていなかったんです。

いつもウネリが沖に入って来た瞬間に、何も考えずに方向転換して、必死に岸に向かって漕いでいて、
その頭の中で「あれ?いつ波は来るの?」「あれ?まだ来ないの?」

その後、後ろから波がド~ンって割れて「わー来た~」って感じで必死になって、
ボードから身体が落ちない様に、レールを握り締めて走っていただけだったんですね~

なので、初めて入った人と同じ事を毎回繰り返していただけだったんです(苦笑)。

実は、乗ろうとする波を見るのは凄く大切で、「乗れる?乗れない?」を判断する事だけでなく、
次へのステップ「右に行く、左に行く」「いい波、悪い波」を判断する最も大切な事なんです。

波乗りで一番難しいのは決して「立つ事」でも「技を掛ける」事でもなく、
「波を見分ける力」を身に付ける事なのです。

これは日頃の観察力や想像力も大切ですし、経験からくる事が大きいです。
ま~先ずはウネリをテイクオフするまで見続ける所から始めましょう。

その観察力を少し身に付けた Kさん は、
今回始めて何本も横に走って、ロングライディングする事が出来ました。
愛知県に行っても頑張ってよ~ 「柴っち」宜しく。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwaveschool.blog56.fc2.com/tb.php/630-e37c2a5a