FC2ブログ

                 


プロボディボーダー池田雄一の九州ボディボードスクール。

2012年5月12日(土)
ボディーボードスクール4名。
開催場所 : 青島P「グランドホテル前」
天気 : 晴れ
サイズ : 腰~腰上。
講師 : U-1

今回は福岡県から2名、宮崎県の市内から2名、計4名です。
12051201.jpg

コンディションはこんな感じでした。↓
12051202.jpg
サイズはそこまで無かったのですが、ウネリに力が有ったので、
始めて入る人には面倒臭い波でしたが、乗ればインサイドまでロングライド出来る波でした。

今回が初波乗り&初ボディーボードの Hさん(写真左)。
今回入った波は、始めての割に少しハードだったとは思いますが・・・
そこはお母さん根性で乗り切ってました。
いきなりOUTサイドに出て直ぐに、自分の判断でウネリを選んだり、
乗るタイミングを調整する辺りは、これから本気で始めようとする気マンマンでした。
今回は本当に「良く出来ました」としか良いようが無いです。
次に入る時はもっと落ち着いて出来るので、乗った時のイメージを忘れずに又参加して下さい。

真ん中の福岡から参加の2人さん(いつも名前を聞くのを忘れてしまう)。
徐々に(やっと(笑))波に慣れてきましたね~
OUTサイドにも直ぐに出てこれるようになったのもビーディングが速くなった成果だと思います。
波にも沢山乗れてきたし、捕まえるウネリも、前までは半信半疑で追いかけていましたが、
的確に良い波を自分のタイミングで乗れてきています。次の次位から横に走る練習がスタート出来そうです。

さてさて、最近京都から引越しをしてきた Mさん(写真右)。
波乗り歴が半年位です。
地元ではあまり波乗りが出来ずに、本気でしたくて、こちらに引越しして来られたみたいです。
Mさんはこの半年で変なクセが付いていました。
それは「手を変えれば横に走れる」って感じのクセでした(笑)。
もしかして、このブログを読んでくれている沢山の人がそう思っているかもしれません。
でもそう簡単には出来ないんですね~
先ず最初にしないとダメなのは「波選び」です。細かく言うとウネリ選びです。
沖から迫って来るウネリが、何処で崩れて、どっちの方向にブレイクするか?を判断するのが大切です。
そして、進行方向への目線。
そして、ビーディングでの助走。
そして十分に加速したら、ボードに乗り込む(下半身もしっかりと進行方向に)。
そしてターンに入る時に、やっと「手を変える」です。
上記を見るだけで沢山の工程が抜けているのが解ります。
特に Mさん の場合、一度ボードに乗り込んでしまったら、いつまで立ってもそこから動かない感じになっているので注意して下さい。
ボディボードの下半身はサーフィンの後ろ足と似た様な動きをしているので、
ライディング中に何回も移動をさせています。
ショルダーを走っている間はシュルダー側に移動させて、カットバックの時は岸側に移動させたりと、
一本のライディングの中で、10回位は移動させています。
難しい様ですが、途中から本能的に動いてくるので、難しく考えずに続けて行く事が大切です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwaveschool.blog56.fc2.com/tb.php/615-c7ed7006