FC2ブログ

                 


青島&木崎浜、池田雄一のサーフィンスクール。

2011年10月22日(土)
サーフィンスクール3名。
開催場所 :「青島P」青島グランドホテル前。
天気 : 曇り時々薄曇
サイズ : 腰、SET腹
講師 : U-1 
今回も色々な所(東京、横浜、鹿児島)から参加してくれました。
11102201.jpg
コンディションはこんな感じでした。↓
11102202.jpg
見た目以上にショルダーがゆっくり張ってくれて、なかなか良い波でしたよ~
特にグフィーはロングライド出来ました。

さてさて、一番左の Sさん。
何年かサーフィンをやっておられるのですが、どうしても途中でスピードが止まってしまい、ロングライディングが出来ないのが今回のスクールを受けた理由でした。
スクールでその原因が解りました。2つ理由が有ります。
先ず一つ目は、前足がセンターを捕えていないからです。
何故?センターを捕える事が出来ていないか?と言うと、両足いっぺんにボードの上に飛び乗っているからです。
この立ち方だと、ボードから手を離すタイミングの違いや、徐々に無くなってくる腕の力加減で、毎回×2違う所に足を持ってきてしまうからです。特に前足の位置はショートボードにとっては一番大事なハンドル&アクセルの部分です。それは波に乗っている間の8割が前足体重だからです。
そして2つ目は、前足が内側に入らずに、外側を向いていて、前足だけが「蟹股」になっている事です。
このスタイルでテイクオフすると、スピードを出そうとして前足にかけた体重が全て膝の外側に逃げてしまいます。なので下り坂(ショルダー)を滑り下りる時はスピードが出ますが、アップスしようとするとボードだけが不自然に動いて、最終的に力尽きてしまう様なライディングになっています。
なので、毎回スクールで教えている「パパッと立ち」の練習をしてみて下さい。

さて、真ん中の2日間連続で受けてくれた Eさん です。
彼女はパドルボードの経験が3・4回。サーフィンの経験が湘南の鵠沼で一回。
でも今回頑張ってましたね~
一人でウネリを見つけて、スープですが長く乗る事が出来ました。
しかも、落ち着いて乗れていたので「あっもう直ぐ水深が浅くなる」っと思ったらポンッて飛び降りれる位の余裕もありました。
これを気に本気で波乗り始めましょう。

最後は、右側の中級者スクールの Sさん 。
前回はご夫婦で受けてくれたのですが、今回はお一人。
前回より本当に上手くなっていますね~ 余裕さえ感じられます。
特にフロントは前回の横だけの走りに、縦の動きがプラスされています。
リップアクションとまでは行きませんが、フローター&ローラーコースターの動きが良かったです。
今後の課題は? と言うと、
正しく「バックサイド」の練習(笑)です。
先ずは、テイクオフの違和感を無くす事です。
実はその違和感、そこそこフロントが走れる人は気持ちの持ちようだけで変わります。
ハッキリ言ってテイクオフするだけですので、頭の中で「テイクオフはテイクオフ」ってな感じで割り切り、フロントと同様なテイクオフを心掛けましょう。先ずはボトムに真っ直ぐで構わないです(笑)。

そして近い将来の最終目標は「フロントサイドのトップアクション」です。
そのトップアクション、実はバックサイドの練習がかなり大切です。
単純にフロントのトップアクションの方向は、バックサイドのボトムターンの方向と全く同じです。
なので、バックサイドのボトムターンの伸びが無い人は、フロントサイドのリップでのターンは出来ません。
先ずはバックサイドのテイクオフ。そしてビューンと伸びるボトムターンの感覚を身につけましょう。



コメント

ありがとうございました!

2度目のスクールありがとうございました。
スクール後にスケボーのご指導まで頂き、大満足の一日でした。
今はとにかく、早くカットバックをマスターして、ロングライド出来るようになりたいです。
バックサイドの練習がんばります!

鹿児島県人さん

本当に前回よりも上手くなっているのでビックリしました。
波乗りも楽しくなり、喜ばしい事ですね~(笑)
SK8は一番サーフィンのイメージトレーニングになります。
陸だと落ち着きがでるので、フォームの改善にも役立ちます。
特にマニューバー系のスタイリッシュなライディングを目指している鹿児島県人さんなら、カットバックは必要不可欠なので、どんどんトライしていきましょうね~
また、暇な時に一緒に裏でSK8しましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwaveschool.blog56.fc2.com/tb.php/572-495eddb8