FC2ブログ

                 


プロボディボーダー加治賢和&池田雄一のBBスクール。

2011年9月29(木)
ボディボードスクール4名。
開催場所 :「青島P」元海水浴場内。
天気 : 晴れ
サイズ : 膝~腰、たまのSET腹近く。
講師 : U-1 
アシスタント : 加治賢和
今回も色々な所(福岡、東京、大阪)から参加下さいました。
11092701.jpg
コンディションはこんな感じでした。↓
11092702.jpg
やはり「青島P」は、パッと見小さく見えますが、入ると以外にサイズが有ります。
この一番上の一枚目の写真のSETも腹近く有りますからね~

一番右の Tさん 以外はまだ初心者なので 
課題の多い Tさん の今後の課題です。

大阪から参加でボディボード歴は15年以上の Tさん。

レベル的には、レギュラーもグフィーも基本的な動作&技が出来ているレベルなのですが、
苦手な方向のスピンが1テンポ遅れる、エルロロが失敗する確立が高いって感じ・・・

こう言うレベルの人達は、次の段階で何を練習すれば良いか?と言うと、
今までの自分のライン取りの中で、苦手な方向のスピンや、リップに集中してエルロロに挑戦して完成度を磨いていくしかありません。

普段の「練習」は大会等のお披露目する場ではありません。正しく「練習の場」です。

「練習で一番カッコ悪い事をしたヤツが、本番で一番カッコ良い」と言う言葉があります。

先ずはシンプルな波乗りを心掛けて、失敗を恐れずにやっていきましょう(お互いに(笑))。

AOBの大会頑張って下さいね~

コメント

こんばんわ

先日、BBのスクールを受講させていただいた大阪の T です!
スクール時はとてもわかりやすく教えていただいてありがとうございました。
私自身、エルロロができなくて悩んでいたところでした。
中でもロロが出来ない理由のひとつに、フェイスを走れる様になったら
憧れのスピンの練習ばかりしていた人に多い、とゆうところでした。

まさに、自分がそうであったのに度肝抜かれました。
なぜ、ローラーコースターやプルアウトが重要なのかもわかりました。
(それだけではありませんが・・・)

今後の練習の課題をロロだけではなく、キチンとしたリップへのアプローチから入っていきたいと思います。

この事もわかったし、すごく価値のあるスクールでした。
池田さんのスクールを受けて本当に良かったと思っています。
ありがとうございました。
また宮崎に行く時間ができましたら、またスクールを受けたいと思います。
そして、AOBの大会 頑張ってきます。
池田さんありがとうございました!

*メールから移動させて頂きました。

どうもで~す。

いやいや~ こちらこそありがとうございます。
こんな感じでわざわざ感想&喜びを頂けたら、逆に僕の励みになります(涙)。

谷川さんは基本的な動作が出来ているので、
後は、一つ一つ考えながらライディングする事だと思います。

技を掛けるのに大切なのはリップへの「集中力」。
当てたいリップに目掛けて身体をぶつけていく事から始めましょう。

そして、それをカバーしてくれるのが「スピード」です。
自分のスピードが速いと、全ての物が遅く見えてきます。
ドルフィンスルーが調子良く決まった時に、上から降って来るリップが遅く感じた事は無いでしょうか?

それは、ライディング中に当てに行こうとするリップも同じ事です。
自分が速ければ速い程、リップがスローモーションに見えてきます。

先ずはスピードを付ける為のテイクオフ、そしてそのスピードを殺さずにしっかり乗り込む事。

応援していま~す。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwaveschool.blog56.fc2.com/tb.php/568-af4f5529