FC2ブログ

                 


池田雄一の青島&木崎浜サーフィンスクール。

2011年8月12日(金)
サーフィンスクール3名
開催場所 : 「青島P」正面
天気 : 晴れ
サイズ : 膝前後
講師 : U-1
アシスタント : ココパパ
11081201.jpg
その時のコンディションです。↓
11081202.jpg
少しインサイドブレイクでしたが、スクールの時間の間だけ水深がソコソコあったのでロングライド出来ました。

やはりこのスモールコンディションの中でロングライディングするコツ(課題)は
「ボードの真ん中にしっかり両足を持ってくる事」でした。

波のサイズや力がもう少し有る時は、多少足がずれていても強引にボードが走ってくれますが、
ここまで波が小さくなると身体とボードのバランスが大切です。
いつもスクールで言っている様に、ボードは全て左右対称です。
なのでパドルの時も、立ち上がる瞬間の手の位置も、立ってからも、
身体の全ての中心をボードの中心に持ってこないといけません。

実は、パドリング時、ほとんどの人が中心を取らずに妥協して乗っています。
なので、立った時に変な所に足がきて転ける事が多くなるのです。

普通にパドリングをしている時は、真ん中を取れているはずなのに、
なんで途中で中心を取れなくなってバランスを失うかと言えば、

それは方向転換をして、ウネリを捕える時に、
後ろから迫って来るウネリを見る方向がいつも一緒だからです。
右利きの人は右しか見ていませんし、左利きの人は左しか見ていません。

この単純な目線だけで、ボードに対する自分の中心がずれているのです。

なので、いつも両サイドを見てから進行方向を見て、バランスを取る事が必要なんですね~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwaveschool.blog56.fc2.com/tb.php/537-8ad2fe35