FC2ブログ

                 


宮崎県、池田雄一のサーフィンスクール日記。

2011年1月9日(日)
サーフィンスクール1名様。
開催場所 : 木崎浜「加江田P」新しいトイレ前。
天気 : 晴れ
サイズ : 膝~腰
講師 : U-1
写真は今回参加してくれたNさんの後ろ姿です。↓
11013101.jpg
仕事で出張中の休みの為、顔出しNGです。
後ろの不細工は僕(U-1)です。「不細工」って凄い漢字やな~
よく下半身が細すぎると言われます(笑)。
波のコンディションはこんな感じでした。↓
11013102.jpg
サイズは小振りながら、時間帯的に人も少なく、
しかも地形の一番マシなポイントで入れたので十分に波を選び、楽しめました。

さてさてNさん。
Nさんのレベルは、やっとパドリングが安定してきたレベル。
簡単に言えば、まだ初心者を脱出できていないレベルです。
今の段階で言えば、なるべく海に入ってパドル力を付ける事が大切です。
それは、
安定したパドル → 安定したテイクオフ → 安定したライディング
が順番に繋がっていくからです。

じゃ~パドルが上手く出来た段階で、
次は何が必要かと言うと「波選び」です。
「波選び」と言うのは、波乗りで一番難しい課題です。
この「波選び」に比べたら「ボードの上に立つ」なんて行為は、実は簡単な事なのかもしれません。
ま~それ位「波選び」は難しいってことです。

「波選び」は、大きく分けて2つ有ります。
それは「縦の距離感」と「横の距離感」です。
先ず、初心者が頑張って波を選んでいるのが「縦の距離感」です。
沖から岸までで、どの位置に居れば丁度良い所でテイクオフ出来るか?です。

そして「縦の距離感」をマスター出来たら「横の距離感」です。
自分が何処からテイクオフして何処まで横に走れば、ショルダーに抜けれるか?です。

そして、縦横マスター出来てくると、
テイクオフしようとしている時に、張ってくるショルダーを見ただけで、
色々なマニューバーラインが頭の中で描けてきます。
「あそこのボトムまで下りて、あそこに登ってリップアクション」
「このショルダーは張り過ぎているので早めにアクションを掛けよう」
「この波はショルダーが張り辛いので、ボトムに深く下りよう」等などです。

殆どの人がこの動作を何も考えずに、坦々とサーフィンしているかもしれません。

逆に初心者の段階で、縦&横の距離感を持ちながらサーフィンしていると、
的確な「波選び」が人より早く身に付くと思います。

もっと解り易く&詳しくは、トリップがてらスクール受けて下さ~い(笑)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwaveschool.blog56.fc2.com/tb.php/463-174eeb19