FC2ブログ

                 


プロボディボーダー池田雄一のサーフィンスクール日記。

お待たせしました、本当にすいません。
久々にたまっているスクールの写真をUPします。
サーフィンスクール3名様。
開催場所 : 青島の橋の横
天気 : 快晴
サイズ : 腰~腹
講師 : 洋平 & U-1
今回スクールに参加してくれたメンバーです。

一番左側の女性は何回かサーフィン経験有りで、
真ん中の男性は今回が初めてのサーフィン体験、
そして右側のウェットを着ている方は初心者を脱出しそうなレベルでした。

この時、3人を教えていて感じたのは、パドリングの安定感&速さの違いです。

経験が豊富な人ほど、海に多く入っている人ほど、バランスも取れていて速いです。
当然、速い方がウネリを掴みやすいし、ショルダーが張り過ぎないうちに立てる。
もっと解り易く言えば、
下り坂のテッペンの近い所から立てるので出だしのスピードが付きやすいのと、
角度がそこまで付いていないショルダーにレールをセット出来るので、
ライディングになるまでの全てに余裕が出来てきます。

でもそれは決して「なるべく早く立つ」って言う事ではなくて、
十分パドリングでスピード(助走)を付けてから立つって事です。

上の書いてある意味が解らない人 & 
自分の中で「パドリングが安定していない」と感じている人は、
ぶっちゃけ「未だ立つ資格の無い人」だと僕は思います。

厳しい言い方ですが、先ずは基本的な動作(陸で練習出来る事)をマスターして、
理解して、やっと立てるその日まで備えましょう。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwaveschool.blog56.fc2.com/tb.php/361-77d9a4ba