FC2ブログ

                 


プロボディボーダー池田雄一のスクール日記。

ボディボードスクール5名様。
開催場所 : 青島の端の端。
天気 : 晴れ過ぎ~
サイズ : 腰前後
講師 : U-1
やっと載せる順番まで来ました、お待たせしました。(笑)

今回は、初挑戦の人と、初心者を脱出したい人達のスクールです。
これ位のレベルだと基本的に陸地での教え方は一緒です・・・1時間近く喋ります。 「陸で出来ない事は、海上では出来ない」って言うのが僕の口癖なので、かなり長く喋ってます。(笑) でも実際のところ、波乗りの全く知らない人が聞いたら、理解できるのが僕の言っている事の50%位でしょうね~(笑) ま~そんなこんなで頑張って色々な人の近道をアドバイスしているつもりです。
写真左の女性3人はスクール常連のお客様なんですが、この3名が住んでいる所が大阪&福岡なので、どうしてもなかなか海に行けずに上達が止まって悩んでいる感じです。でもそんな海から遠い場所や、波の無い場所に住んでいる人の中でも、プロになる人は沢山居ます。

じゃ~何が違うか?

答えは「イメージ」です。 日頃からイメージしています。

身近な例で言えば、宮崎の北側(延岡)で住んでいる「的本明PRO」。
彼は普段あまり波の無い延岡のポイントで入っているのですが、アマチュア時代は仕事が本当に忙しく、頑張って海に入れても週二回でした。都会で住んでいる週末ボーダーとなんら変りはないです。それでも頑張ってPROテストに合格して、今では宮崎を代表するプロになっています。この時、彼の成長を何が伸ばしたか?っと聞くと、「イメージ」と必ず答えていました。「イメージ」と言ってもパッとしない方が多いかもしれませんが、もっと簡単に言うと、「何時でも波乗りをしている間隔を持つ」ってことです。僕もアマチュア時代に仕事中にも関わらずしていたのがこれです。何回も「ボ~とするな(怒)」と注意されましたが・・・海に入ってる時の一本一本「あの波の乗り方はここが駄目だった」「あの乗り方だとスピードにのって走れた」とかを記憶していって、その間隔を暇な時間帯でけでも思い出す事が身近な「イメージ」です。DVDでも構わないです、そのライディングしているプロの目線になりきってイメージして下さい。その「イメージ」と自分が入った時の波のコンディションの歯車がバッチリ合った時に必ず一皮剥けた自分がいます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwaveschool.blog56.fc2.com/tb.php/360-0507ef93