FC2ブログ

                 


宮崎サーフィンスクール7名様 3月14日(土)

池田雄一のサーフィンスクール日記。
天気 : 晴れ 
開催場所 : 青島(キャンデー前)
サイズ : 膝、SET腰(北風ビュー×2)
講師 : U-1 & MAKI (トルシェ風に)


今回参加してくれたのは、
関東から超~仲の良い7人組、ウンコ座りのチェッカーズです。


いや~ 久々に7人の大所帯スクールです。

写真では一見ポカポカ陽気に見えます。
が~
実は北風ビュー×2の極寒 + ストロングカレントで、嵐状態。

今までもこんな状態でのスクールは実際にありました。
でも、生徒の数は少なく1~2人でした。
今回は7人。
はっきり言って、今までで一番過酷でした。
当然、生徒(7人)も同じですけどね・・・


さ~ 本題。

今回の参加者の中で、サーフィン経験者は3名。

その他の4名は今回が初サーフィン&スクールです。

初参加の4人には、この嵐の中よく頑張ったとしか言いようがないです。

普段のサーフィンはこんなに過酷じゃないですよ~(笑)

今回入ったポイントをよく思い出して下さい。
波は有るのに誰も居なかったでしょう?
入れる様な状態じゃなかったんですよ~(笑)

以上・・・

かなり頑張っていたのは、経験者の3人。
SETを狙って、タイミングよく立てたのが何本か有りました。

今後の課題ですが、3人ともに言える事です。

先ず、入ってくる波(ウネリ)をよく見ましょう。

今回はコンディションの事もあって「体が冷える前に数乗ってしまえ~」
って感じで、来る波×2に手を出していましたが、

次回海に入る時はよく波(ウネリ)を観察して下さい。


具体的に解り易く言えば、

どれ位のサイズのウネリが、何処でブレイクするか?

沖合いから入って来るウネリが、何処へんでブレイクするか?を予想して下さい。

波を知る事は、波乗りの70%知る事になります。

そして 「あっ このウネリは良いブレイクしそうだ」 
と思った波を捕まえて、「立つ動作」に入りましょう。

そして立ったら、
ジタバタ上下に身体を動かそうとせずに、
先ずは落ち着いて、ショルダー側のレールが入るまで姿勢を低く保ちましょう。

レールがちゃんと入った後、ジタバタしてみてください。(笑)

これが落ち着いて出来る様になったら、
ジタバタする事に意味が無いのがよく解ってきますよ。


寒いとは思いますが、千葉&茨城で頑張って下さいね~




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwaveschool.blog56.fc2.com/tb.php/289-1bedf09b