FC2ブログ

                 


miyazaki空港近くのサーフショップの波乗り体験教室。

サーフィンスクール
2017年6月5日(月)
クラス : サーフィン初心者脱出スクール1名
天気 : 晴れ。
開催ポイント : 「トイレ前P」正面。
サイズ : 腰~腹。
講師 : 池田雄一
写真は今日参加してくれたAさんです。
17060553.jpg
コンディションは北風が入り良くなかったです。
17060552.jpg
そのかわり周りに誰も入っている人が居なかったので、のんびりと波待ちをしてとことん練習できました。
今後の課題
先ず、波(ウネリ)の見分け方です。
ウネリを追いかけて乗ろうとした時に、ウネリに置いて行かれる事が沢山あったので、
ウネリの時点で、「乗れる?乗れない?」の判断をする事が大切です。
そして、テイクオフですが・・・
テイクオフしようとする位置はバッチリでしたが、ボードに対しての足の位置が、いつもバラバラですね~
これは、立つ動作の時に手を離すのが遅い事や利き腕でレールを握ったままなのが原因です。
そして、立つ瞬間に目線をノーズや水面をに見ているので注意しましょう。
この2つの事をいつも最初の30分だけでも考えながら立つ練習をすると良くなります。
今回のスクールで言った様に、横に走るのは目線だけで走れる様になるので、先ずは足の置く位置から練習しましょう。
17060551.jpg
海上がりのカレーは最高です。

当店でボードをオーダー頂き、そのボードを使っている間は
スクール無料 & 修理は一年間無料です。
スポンサーサイト



木崎浜&青島サーフポイント近くのスクール&波乗り情報。

サーフィンスクール
2017年5月28日(日)
クラス : サーフィン体験&初心者スクール3名
天気 : 晴れ。
開催ポイント : 「トイレ前P」正面。
サイズ : 膝~腰。
講師 : 池田雄一
写真は今日参加してくれた3名です。
17052890.jpg
今後の課題
3人ともテイクオフ前のパドルにスピードが無くて、ウネリに乗り遅れる事が多かったです。
今回一緒に入って気付いたのは、ウネリを捕まえて立とうとする時の、
パドリングを止めるタイミングが早過ぎるように感じました。
よくこの記事でも書く事ですが、パドリングは立つ為だけにするのではなく、
坂道を下りるスピードと、行きたい方向への助走です。
楽な所で立とうとすると、ウネリにおいていかれる事が多いので、
波は乗ってからじゃないと立てない、立ってからは乗れません。これを覚えておいてください。

当店でボードをオーダー頂き、そのボードを使っている間は
スクール無料 & 修理は一年間無料です。