FC2ブログ

                 


プロボディボーダーU-1の宮崎ボディボードガイド&スクール。

宮崎サーフガイド(ボディボーダー)
昨日スクールを受けてくれたMさんをピックアップして、「湘南オープン」ぶりにMさんとKさんを迎えに行ってきました。
東京は寒かったみたいで、宮崎の暖かさを感じていました。
15102505.jpg
先ずは、関東からの飛行機で早起きでお腹が空いているって事で「グッドデイズ」へ・・・
15102508.jpg
540円のモーニングSET
15102507.jpg
ようこそ半年振りのMIYAZAKIって事でカンパ~イ。
15102506.jpg
北寄りの風が強いって事で、市内のポイントは全滅・・・
15102509.jpg
先週同様、南下して色々なポイントを見させて頂きました。
15102510.jpg
そして今回入ったのはこのポイント。
15102511.jpg
「富土海水浴場」のえび前。
15102512.jpg
風は普通の強さのサイド。サイズは腹~胸。人数は今回のメンバー以外に2名のみ。
見た目は腹前後と思っていましたが、やはり1サイズ大きく、いきなり入るSET胸3発。
最初は大きいサイズのピークを外して右側で入っていましたが、だんだんサイズに慣れてきて、後半にはみんなでSETを乗るのが楽しくなって、良いライディング出来ました。
やはりサイズが有って、少し速い波のコンディションはテイクオフからの目線が大切ですね~
Mさん、グーフィーの「下半身の移動」意識してましたね~


当店人気NO.1ボディボード → 「ROCKWAVE」ボディボードHP
「BLOG・POST」に一日1000人を超える人が観た動画、スピンやエルロロ講座をUPしています。


当店でボードをオーダーすると
スクール永遠無料 & 修理1年間無料でさせて頂いています。


そして昨日に引き続きサーフガイドでした。
15102603.jpg
サイズは腹前後。風は弱い北風(サイド)。人数は0人。
15102604.jpg
風がおさまるのを待ってこのポイントを観に来たら、ファンウェーブで貸切でした。
15102605.jpg
人が居ないので、良い波も選んで沢山乗れたので、2時間みっちり出来ました。

サーフガイド大成功

プロボディボーダー池田雄一の宮崎市内ボディボードスクール。

ボディボードレベルUPスクール
2015年10月24日(土)
レベル : BBれべるUPスクール9名。
開催場所 : 青島P「ANA前」。
天気 : 晴れ
サイズ : 腰~腹前後。
講師 : U-1
久しぶりにボディボーダーいっぱい集まりました。
15102412.jpg
コンディションはなかなか良かったですよ~
アウトサイドで一度ブレイクして、ミドル付近で少しタルくなりますが、ビーディングで繋げばかなりのロングライド出来る良い波でした。
今回はロックウェーブ(防波堤)を使って、テイクオフからの目線チャック、そして何故ボトムに下りるのか?なぜトップに登るのか?
のお話。
そして海に入ってから気を付けてみていたのは、
ビーディングでウネリを追いかけてテイクオフしようとする時に、走り出したからと言っていっきにボードに乗り込むと、逆に失速の原因になります。
なので、普段からビーディングをしながら少しずつショルダー側にレールを入れていって、進行方向に腰の体重を少しずつ移動してスピードを出していく順番です。


当店人気NO.1ボディボード → 「ROCKWAVE」ボディボードHP
「BLOG・POST」に一日1000人を超える人が観た動画、スピンやエルロロ講座をUPしています。


当店でボードをオーダーすると
スクール永遠無料 & 修理1年間無料でさせて頂いています。

宮崎空港近くのサーフィン体験スクール&レンタルボード。

2015年10月21日(水)
レベル : サーフィン初心者脱出クラス2名。
開催場所 : 青島P「元海水浴場」。
天気 : 晴れ
サイズ : 腰~腹。
3ヶ月に一度スクールを受けてくれる Tさん と Kさん です。
15102110.jpg
今回は台風の影響で正面Pから10分以上歩いて元海水浴場で入らせて頂きました。
海水浴の季節が終わって、やっとスクールでも入れる様になったので、かなりスクールが楽になりました。
でも今回は波数が多くゲッティングが大変でしたね~お疲れ様でした。

Tさんの今後の課題は、先ずは安定したパドリングの練習からですね~
ウネリを追いかける時にボードの中心と自分の中心をしっかり合わせてからパドリングするのを心掛けましょう。
ボードが走り出してから、自分の行きたい方向とボードが走る方向が違って、ボードから落ちてしまう事はよくある事です(笑)。
そこを適当にしてボードが走り出してからポジションを変えれたとしても、スピードが無くなってから立つ動作に入るので、立っていられる時間が極端に短くなります。
いつも言っている様に、安定したパドリングが安定したテイクオフを産んで、安定したライディングに繋がる事を忘れずに、妥協せずにやっていきましょう。

Kさんの今後の課題は、しっかり進行方向を見ながらテイクオフする事です。
いつもボードのノーズを見ながらテイクオフしているので、ボトムで全てのスピードを使い切ってから立っています。
当然、立っている(乗っている)距離が短くなります。
毎回毎回意識していれば目線もクセ付いてくるので、最初はワイプアウトしても「砂浜まで乗ってやる」って気持ちでトライして下さい。

当店でボードをオーダーすると
スクール永遠無料 & 修理1年間無料でさせて頂いています。