FC2ブログ

                 


宮崎県、池田雄一の青島サーフィンスクール。

2012年6月9日(土)
サーフィンスクール2名
開催場所 : 青島P「グランドホテル前」
天気 : 晴れ
サイズ : 膝~腰。
講師 : U-1

今回参加してくれたのは、福岡からUさんと、宮崎市内からHさんです。↓
12060901.jpg

その時のコンディションはこんな感じでした。↓
12060902.jpg
人も少なく、殆ど貸切のいい波でのんびり出来ました。

ま~お年はいえないですが・・・お二人とも元気なお父さんの御歳です。

右側のHさんはサーフィン歴1年で、最近は横に走る練習をモクモクとやっています。
左側のUさんは今年始めたばかりなので、一人でウネリを捕えてやっと立てるか?立てないか?のレベルでした。

二人の今後の課題です。
先ずはHさん、
ウネリから立って真っ直ぐ長く乗るのは、ほとんど失敗が無くしっかり走れています。
次のレベルは、ショルダーを横に走ることですが、ここは変なクセが付かない様にしっかりと意識をしてやってほしいです。
先ずはウネリがブレイクする前の、入ってきている時点でのレギュラーとグーフィーの判断。
そしてその波が「こっちの方向に崩れる」って決めてからの目線です。
ボードから足が落ちても良いので、進行方向を見つずけて立つ練習をしましょう。

次はUさん、
Uさんはパドリングが安定してきているので、後は方向転換や、テイクオフ時のスピードに身体を慣らす事が必要です。
ま~先ずは陸での立つ練習をして、それを水上でも出来る様に心掛けましょう。
スポンサーサイト



池田雄一の宮崎県サーフポイント、青島サーフィンスクール。

2012年6月7日(木)
サーフィンスクール2名
開催場所 : 青島P「元海水浴場内」
天気 : 曇り
サイズ : 腰前後。
講師 : U-1

今回参加してくれたのは、熊本からNさんと、都城からGさんです。↓
12060701.jpg

その時のコンディションはこんな感じでした。↓
12060702.jpg
少しタル速いブレイクでしたが、選べばレギュラーが綺麗に張ってきてアップスして1アクション入る波でした。

お二人の共通する注意点はやはり目線ですね~
波の進行方向は合っているのですが、どうしてもテイクオフの時に下を向いてしまい、ショルダーに抜けれる波も抜けれない状態になっています。
通常パドリングは助走で、そのパドリングの力を進行方向に逃がして勢いをつけるのですが、どうしてもお二人はその力をボトムで使いきっています。
解り易く言うと、横に走りたいのに、下に下りきっている様な感じです。
やはりそれは、進行方向への目線がそうさせているのです。

そしてGさんのもう一つの悪いクセが見つかりました。
それは、テイクオフする時の手の位置です。
通常、胸の横に両手をそえてレールを持たずに、ボードごと水面を押してテイクオフするのですが、
Gさんの場合は、右手は胸の下ですが、左手が肩の位置でチグハグに、しかもレールを持っています。
それは波乗りを初めて、直ぐに横に走る練習をした事が問題でクセになったのでしょう。
先ずは初心に戻って、岸へ真っ直ぐ走る練習をしましょう。
陸での立つ練習は上手く出来ているので、それを海でやるだけです。
楽しみながらやりましょう。