FC2ブログ

                 


プロボディボーダー池田雄一の宮崎BBスクール。

2012年5月19日(土)
ボディボードスクール7名。
開催場所 : 木崎浜「トイレ前P」
天気 : 曇り時々晴れ
サイズ : 膝~膝↑。
講師 : U-1

今回の予約は県内の子が中心でしたが、飛び入りで福岡&熊本からも参加してくれました。
12051901.jpg

その時のコンディションはこんな感じでした。↓
12051902.jpg
この日の時間帯は潮が引いていてサイズが小さく、みんな少し凹みながら入水しましたが、
以外や以外小さいながらショルダー張ってくる波も有りそこそこ楽しめました。

各自この時に言った課題を頭に入れて、意識ながら入水して下さい(笑)。

簡単にまとめました。↓

Kちゃん、
今度入る時に注意する所は、ボードの持ち方と肘の位置ね~

Hさん、
今回がボディボード二回目だったので、その調子で良いクセを付けていきましょう。

R姉~、
目線はかなり良くなってました、でもテイクオフする位置がピークの深すぎる位置なので、もう少しショルダーの自分の速さでも抜けて来れるポイントを模索して下さい。一か八かでは良い波&悪い波の区別が付かなくなりますよ~

Uティ~、
ボトムに下りてから乗り込むのではなく、しっかりとショルダー側にレールが入っているのを肘&腰で感じながら、フェイスで乗り込んでスピードを出せる様に、前のレベルに戻していきましょう。

メンズのKさん、
バタ足し過ぎ、乗り込み過ぎ、とメンズボーダー特有の悩みですね~
波乗りは波に合わせて乗るスポーツなので、焦らず力まず波の力を利用してレールを入れていきましょう。

Mちゃん、
今回はあまり良い所が無かったね~
波乗りは波に左右されるので、諦めずに波を読む力を付けていきましょう。
でも今回はレギュラー&グーフィーの間違いは一本も無かったよ。
R姉~と一緒で、ウネリを迎えに行く時にピークしか見ていないから乗る位置が深くなり過ぎるんですよ~

最後にMさん、
単発ですがスピンとエルロロが完成仕掛けですね~
今回も一本いい感じのエルロロを見せてもらいました。
一つだけ注意点を言うとしたら、レールをショルダーに強引に入れようとする所がありますね~
ショートボードの人にも言える事ですが、ボードを動かしたり、思いっきりショルダー側に体重を掛けないと、走らないと思っている方が多いみたいですが・・・
実はしっかりと乗り込んでいたら、意外とレールが自然と入ってスピードが出るんですよ~
なので、必死になって抜けれない波は、テイクオフをする位置のミスです。
特に技の練習は、自分の予測出来る波での練習が効果的です。
風の弱い時間に頑張って起きて入りましょう。そこを妥協するとレベルが止まっちまうぜ~