FC2ブログ

                 


プロボディボーダー池田雄一のBB&サーフィンスクール。

2012年4月30日(月)
ボディボードスクール2名・サーフィンスクール1名。
開催場所 : 白浜P 右側
天気 : 雨と風
サイズ : 腰~腹上。
講師 : U-1
アシスタント : 杉ちゃん
雨風の中で参加してくれたのは、この三人です。
右側の Wさん は石川県からの参加です。
12043002.jpg

コンディションはこんな感じ。↓
12043001.jpg
この日は朝から前線が近くて南東の風が強く、
いつもスクールを開催している「青島P」がグチャグチャ。
なので久々に白浜海水浴場にお邪魔しました。
貸切で、見た目よりもショルダーが張っていて、初心者脱出クラスには持って来いのコンディションでした。
久々に天気は最悪でしたけどね・・・(苦笑)

ショートボードで参加の Yちゃん。
パドリングは安定しているのですが、普段のボディボードの時とサーフィンしているの時の波を捕えるポジションが違い過ぎます(笑)
明らかにサーフィンの時は何も見えていない状態です。
ピーク過ぎたり、崩れている波に手を出したりしています。
テイクオフの時に安定感が無いのはその事が原因でしょう。
いつも言っている様に、安定したパドリングが、安定したテイクオフを産み、
そして安定したライディングに繋がる。のが普通の流れです。
Yちゃん の場合はパドリングが安定しいているので、波に対するポジショニングに気をつけましょう。

真ん中のBBで参加の Mちゃん。
ここ半年で凄く上手くなっています。本当に上手くなっています。
この時もスピンを良い所で3・4回まわってました。
ここ何年か頑張って基本(ロングライド+ローラーコースター)を磨いたので、
これからはそのラインの中に技を入れていくだけです。
練習は本番では有りません、あくまでも挑戦の場です。
特にエンドのエルロロを練習していきましょう。

一番右側の石川から来てくれた Wさん。
Wさんもドンドン技を練習していくのをオススメします。
特にレギュラーは安定感も有りスピードも有るので、今回教えたテイクオフをコンディションで使い分けながらやっていくとバリエーションが増えて、速い波でもショルダーに抜けれる様になるはずです。
スピンの掛ける位置は、そのショルダーに抜けた瞬間がBESTなポジションです。
そして苦手なグーフィーですが、そこまで焦る必要はないです。
少し右側の手(後ろ側)の位置がノーズ寄りなので、今後技を掛けた時に肩に負担が掛かる恐れが有るので、それを改善すれば良いだけです。グーフィーも先ずは基本的なロングライド+ローラーコースターからやっていきましょう。