FC2ブログ

                 


青島、池田雄一のサーフィン&BBスクール日記。

2011年9月23(金)~25日(土)3日間。
貸切サーフィンスクール1名、ボディボードスクール1名。
開催場所 : 青島P「正面」。
天気 : 晴れ
サイズ : 膝~腰のインサイド。
講師 : U-1
3日間連続で参加してくれた大阪からのキッズ姉弟です。
11092501.jpg
写真の後ろのピンクTシャツを着ているのがお父さん、お尻がお母さんです。

2人のスクールは超インサイドなのでコンディションはあまり関係有りませんが・・・
11092502.jpg
良い所(乗りやすい所)を選んだつもりです(笑)。

二人とも今回が初めての波乗り体験。
可愛かったな~ この年の関西弁は本当に可愛い。
小学校3年位になると「殺意」を抱きますが・・・
お姉ちゃんが幼稚園の年長さんで6歳。弟が年少さんで5歳。
二人とも4月か5月生まれかな?トップアスリートの資格有り×2ですね~
さて、肝心なスクールですが・・・この二人の争いがとても単純で可愛い。
姉弟の間でかなり競争心があるんでしょうかね~
その2人の勝ち負けを判断するのは、お母さんに褒められた数です(笑)。
海から上がると、「私は何本乗れた~」「僕は何本乗ったもん」の言い争い。
僕から言わせたら「お前らそんなに乗ってなかったぞ~」って感じですが(笑)
その他に可愛い所は、海に入ってからの親に見せない姿。
やっぱり、親や姉弟には見せたくない顔が有るんでしょうね~
お姉ちゃんは海に入ると「嫌や×2」「嫌や怖い」「嫌や遠い」の連呼。
弟は、「僕な~ サーフィン始めてで、サーフィン出来ひんねん、だからな~そんな事言われても、立たれへんねん」ってずっと言ってました(笑)。
そして、何本か乗って疲れたら「寒い~」って泣きながらお母さんの所に走って行く感じ。
でも一つ愛を感じたのは、2人共海に入ると「お母さんこっち見てくれてる?」って聞いてくる所。
二人共お母さんが大好きやねんな~ 


宮崎県、池田雄一のレンタルサーフィンスクール日記。

2011年9月24(土)
サーフィンスクール3名。
開催場所 :「青島P」グランドホテル前。
天気 : 晴れ
サイズ : 膝~腰、たまのSET腹。
講師 : U-1 
アシスタント : 杉ちゃん
前回の写真同様、今回大阪から参加のキッズ2人と、
毎年、年に一回参加してくれている。東京から K夫婦 です。
11092401.jpg
またまた、すいませんがキッズのスクールの内容は次回にみっちり・・・
さてさて、東京からの K夫婦。
二人共に、上手くなっていましたね~
本当に年に一度しかサーフィンしていないの?って感じ。
先ずパドルが安定している。そして、ある程度乗れる波を知っている。
この二つで数回とは思えない上達振りです(驚)。
旦那さんの方は、結局何本自分で乗れたかな~?
10本は普通に乗れてましたよね~ ウネリから乗れてるのも何本か有りました。
波乗りを本格的に始めましょうよ~
でも、たまたま暖かい日に時々やって普通に乗れると、その先始める人が少ないんですよね~
だって運動神経の良い人って何でもやりたがりでしょう(笑)
今度は横に走るのにトライしていきましょう。
次回はそんな簡単にいきませんよ~

プロボディボーダー池田雄一の青島BBスクール。

2011年9月23(金)
ボディボードスクール4名。
開催場所 : 青島P「グランドホテル」。
天気 : 晴れ
サイズ : 膝~腰。
講師 : U-1
今回もまたまた色々な所(大阪、熊本、鹿児島)から沢山の方が参加してくれました。
11092303.jpg

コンディションはこんな感じです。↓
11092304.jpg
OUTのサイズはソコソコあったのですが、
インサイドは初心者には「持って来い」のコンディションです。

かなり紛らわしいですが、写真に写っている大人は全員ボディボードでの参加です。
(ガキんちょのスクールの詳しい内容は後ほど・・・)
3人はレベル的にも大体同じレベルで、横には走れるんだけど「的確」ではない感じ・・・
この表現で解ります? 解り易く言うと、
自分で判断した波の進行方向がたまたま合っていたらロングライド出来るレベル。
これは非常に勿体無いんですよ~
だって進行方向さえ的確だったら、全てロングライド出来るレベルなんですよ~
でも、ま~波乗りの一番難しいのは「波の判断」ですから、
最初の波の選択の段階で躓く(つまずく)のは本当に仕方がない事です。
じゃ~ 今後どうしていけば良いか?ですが、
これは、いつも言っている事ですが「観察力」&「想像力」を付ける事です。
波をよく見て、波の動きを想像して、波を乗っている人をよく見て、
そして、その乗っている人を自分に置き換える。などなどイメトレで工夫してみて下さい。