FC2ブログ

                 


青島&木崎浜、池田雄一のサーフィンスクール日記。

2011年8月20日(土)
サーフィンスクール4名
開催場所 : 木崎浜「加江田P」新しいトイレ前やや左。
天気 : 晴れ時々曇り
サイズ : 膝前後
講師 : U-1
福岡県&熊本県から参加してくれた方々です。↓
11082001.jpg
コンディションはこんな感じです。↓
11082002.jpg
波自体に力は有りませんが、見た目よりも水深があり、
インサイドまで長く乗れる、スクールの為のコンディションでした。

いや~ 4人ともスクールの後に、そのままボードを借りてフリーサーフィン。

体力も有ったし、波乗り初めてで、サーフィンの魅力にドップリはまちゃいましたね~

全員がボードが小さいって事もあって、ショートボードで参加した右側の二人には少し力の無い波の厳しいコンディションになりましたが、
頑張ってましたね~ 後半はバランス良くパドリングも出来て、ショートライドながら何本か乗れていました。

そのまま続けていきましょうね~ それまで陸で教えたトレーニング&立ち方をやってって下さい。

青島&木崎浜、池田雄一のサーフィンスクール日記。

2011年8月18日(木)
サーフィンスクール2名
開催場所 : 木崎浜「加江田P」新しいトイレ前
天気 : 晴れ時々曇り
サイズ : 膝前後
講師 : U-1
今回のスクール生は、宮崎市内からYさん(女性)、京都府からMさんです。
11081801.jpg
コンディションはこんな感じです。↓
11081802.jpg
かなり遠くまで砂が付いていて、アウトサイドからインサイドまでスープが続き、スクールにもってこい。
講師からすれば、毎日こんなコンディションだったらHAWAIIの様に誰でも立ちやすいのにな~ と思うコンディション。

もうね~ 今回は何も言う事ありませんな~。上出来です。

自分で見つけたウネリをスープですが自分で乗る事が出来、
良い姿勢&足の位置でライディングをしていました。

後は次の段階の、自分で崩れそうなウネリを見つけ、自分の身体をウネリに近づけ、
波が崩れるのと同時位にテイクオフが出来るまで、何回も何回も飽きるほど波に乗る事です。

今回が2人共に初めての波乗り。良い思い出になったのではないでしょうか?

青島&木崎浜、池田雄一のサーフィンスクール。

2011年8月17日(水)
サーフィンスクール5名
開催場所 : 木崎浜「トイレ前P」右側
天気 : 晴れ時々曇り
サイズ : 膝前後
講師 : U-1
今回も色々(熊本県、兵庫県、福岡県、宮崎県)な所から参加してくれたメンバーです。
11081701.jpg
スクールの時のコンディションはこんな感じです。↓
11081702.jpg
潮周りの関係で少しカレントは有りましたが、パドリングすればキープ出来て、SETも程よく来ていたので良いコンディションでスクール出来ました。

今回は皆さん見事に違うボードでの参加です(笑)。
サーフボードの大きさ&性能は違えど、やはりサーフィンはボードの中心を捕える事が基本となります。
長ければ、厚ければ、多少のフラ付きはフォローしてくれますが、
そのフラ付いてモタ付いている間でも、波は動き、そして崩れるのです。
やはり本格的に波乗りを続け、ボードをコントロールして楽しむには、
センター(中心)を捕える事が最低条件になってきます。

何回か前のスクールブログにも書いた通り、
今練習するのは、波(ショルダー)に対しての立つ位置では無くて、
ボードに対しての立つ(両足の)位置です。
そして必ず落ち着いて、1本1本意識を持って立つ練習をして下さい。
ほとんどの人が本能で適当に立っている事が多いです。
この練習だと、どうしても足の出す順番、足の置いている位置が毎回×2曖昧(あいまい)になってきます。
なので毎回の練習方法として、先ずは30分真っ直ぐ走る練習をしてから、その後好きな練習をしていきましょう。