FC2ブログ

                 


池田雄一の青島サーフィンスクール日記。

2011年8月5日(金)
サーフィンスクール7名
開催場所 : 青島「海水浴場内」横
天気 : 曇り
サイズ : 腰、たまにSET腹
講師 : U-1 
アシスタント : ヨシカズ
今回参加してくれたメンバーです。
色々な所(東京・大阪・名古屋)からスクールに参加しに来てくれました。
11080501.jpg
その時のコンデション。↓
11080502.jpg
台風のバックスウェルがまだ続き、サイズのあるコンディション。
今回もスープの前での練習となりました。

今回もやはり体力の差が明暗を分けた感じですね~

台風時は生徒さん達も大変ですが、
波がバンバン割れる所で立っている、先生方もかなり大変でした(笑)。

でもこう言うコンディションの時は、パドリングさえシッカリとバランス(ボードの中心に、身体の中心)を取れていたら、ウネリ&スープ自体に力が有るので、乗ってしまえばスピードの出ている自転車の様に、何もしなくても安定してボードが走ってくれます。
結局、誰かにボードの後ろを押してもらうと何で立てる確立が高くなるか?と言えば、単純に安定したパドリングが出来るから、安定したテイクオフが出来る、からです。

でも一番その安定感を保つのは、一番最初に書いた「体力の差」になる訳ですね~

体力の有る人ほど、身体の軸が振れずに、落ち着いてボードの上に居られるからです。

先ずは立つ事を考えずに安定したパドリングの練習です。




青島ポイントでのサーフィンスクール日記。

2011年8月4日(木)
サーフィンスクール1名
開催場所 : 青島「海水浴場内」の横
天気 : 曇り
サイズ : 腰~腹
講師 : U-1 
今回参加してくれた Kさん です。
11080403.jpg
コンディションはこんな感じ。↓
11080404.jpg
台風の影響でインサイドのスープライディングだけでしたが、
力が有るので、かなりのロングライディングが出来る波でした。

初めてのサーフィン&サーフィンスクールだったので、
最初のパドリングがフラフラしてバランスを取るのが難しかったのですが、

最近の参加者はみんな慣れるのが早い、本当に早い(驚)。

今回の波が、台風ではなくて普通の波だったら、
体力も続き、自分で普通に乗れていたことでしょう。

今回はボードのテールを押してあげたのは、全部立てたって感じで終了でした。

次は波の良い時に、また来てくださいね~